自治体様へ

移動販売事業立上げ支援コンサルティング、サービス

移動スーパー事業立ち上げに関する全てをサポートいたします

なぜ移動スーパーなのか?〜自治体が抱える課題〜

少子高齢化や過疎化等・超高齢社会に伴い、社会経済や地域社会の状況が大きく変化するなか、食料品等の日常の買物が困難な状況に置かれている「買い物弱者」と呼ばれる人達の数が900万人と言われ、社会問題となっています。

この買い物弱者問題は既に顕在化している農村・山間部のような過疎地域に加え、今後都市部などでも顕在化することが予測されます。買い物環境の悪化は健康障害を引き起こし医療費や介護費の増加等、波及的な問題を引き起こします。
こうした中、買い物弱者問題等の生活インフラを自治体だけで答えるのは難しくなってきているのではないでしょうか?

弊社では、いち早くCSV事業部を立上げ、石川県と連携し「石川県安心生活事業のモデル事業」として移動スーパー事業をスタートし、社会性と事業性を両立させたビジネスモデルを構築しました。流通事業者や地方自治体等の地域の主体者が連携して事業を実施する官民一体の買い物支援対策に取り組むための「体制作り」から「特殊車輌製作」、「事業立上げ」、「運営」に至るまでワンストップでお手伝いいたします。

「見て・選んで・納得して楽しめる移動スーパーが良い」

というご意見が弊社市場調査の結果圧倒的声を占めました。

買い物難民を救う手段としては、ネットスーパー、宅配、送迎サービス、などがありますが、その中でも移動スーパーは、現物を「見て・触って・感じて・選んで」という「買い物」本来楽しさを感じていただけます。

「買い物」という行為は、生活の中の「お楽しみ」でもあるのです。

  • ネットスーパー
    年齢的にとてもついていけない
  • お弁当の宅配
    1ヵ月もすると飽きてしまう
  • 宅配
    注文してから届くまでのタイムラグが不満
  • スーパーまでの送迎サービス
    気を遣うし、時間を合わせるのが不便

というご意見がございました。
中には、5,000円ものタクシー代を払って、スーパーまで買い物に行くというお婆さんもいたほどです。

移動スーパーだからできること〜シブヤの解決策〜

生活の中の「楽しみ」でもある「買い物」。
ワクワクするような買い物の楽しさを感じたことは誰しもあるのではないでしょうか?
特に高齢者にとって買い物は、単に食料や物を得るためだけの行為ではありません。
「見て・触って・感じて・おしゃべりして・選んで・計算して金銭を支払う」
この一連の行為が認知機能等の維持向上に大きく寄与し、加えて地域コミュニティの形成としても有用であるといわれています。
そこで、「買い物弱者にまつわる様々な問題を何とか解決できないか?」と考えた結論が「移動スーパー」でした。

健康な高齢者の人達には、公民館等の移動スーパーの開業先まで来ていただき、歩く事が困難な方には玄関先まで車で出向き、会話して買い物をしていただく。スタッフがご高齢者の安否を確認する「見守り隊」としての役目も果たしています。
買い物の楽しさワクワク感の中、運動不足の解消や精神的な負担の軽減等、「高齢者の買い物弱者」の方々を応援しています。

シブヤのサポートサービス

シブヤがご提供するサービスをご紹介いたします。
詳細をご希望の方は直接お電話いただくか、ご相談フォームよりご連絡をご請求ください。
お気軽にお問い合わせください。

車両のお手配・メンテナンス

  • 事業のニーズ的確にマッチした車両の提案
    営業エリアや積む商品量に応じてご提案
  • 移動スーパー車両のリース・レンタル
  • 利用者目線による車両の機能性を追及した車両製作
    レジの位置、商品の陳列方法など
  • 車両のメンテナンス
    全国でご対応

手続き

  • 車両の改造申請
    8ナンバーの取得
  • 営業申請
    乳類販販売業・食肉販売業・魚介類販売業・食料品販売業
  • 行政等の各種補助金申請書類のアドバイス
    事業計画案、各種情報提供、稟議書作成など

運用コンサルティング

  • エリア選定/ルート設計
  • 商品
    構成/陳列/価格設定
  • 販促
    チラシ・外装デザイン・ポップ・テーマソングなど
  • ドライバーなどのお手配

その他

  • 保険のご紹介
    8ナンバーの特殊車両保険(任意保険)など
  • 視察・見学もお受け入れしております
    お気軽にお問い合わせください
    実際の販売風景をご覧いただけます